朝活とは?おすすめのタスクも紹介!

朝活とは?おすすめのタスクも紹介!
画像は本記事とは関係ありません。

私は毎朝、4時過ぎに起床して朝活しています。

婚活、終活、妊活、リコカツ...etc. いろいろな「〇活」があります。

今回は朝活とは何か?

さらには、朝活のおススメのタスクも紹介します。

目次

朝活とは?

先に結論から申し上げると、

朝活とは読んで字のごとく、「朝の活動」の略語、造語です。

朝活は、早起きして自分磨きのために有効に時間を使うことです。

では、詳しく説明します。

朝活という言葉が世間に浸透し始めたのは、2008年頃からでした。

その背景には株価暴落、円高、不況、終身雇用制度の崩壊により、 いつまでも会社だけを頼りにできない!と自分磨きをすることの必要性を感じたからです。

その為に日中は忙しいサラリーマン達が、会社が始まる前の時間を使い、資格を取るための勉強会や人脈を広げるために異業種交流会が盛んに開催されました。

もちろん朝活という言葉が世に出る前から、早起きして朝の時間を有効に活用している人達はいました。

ただ「朝活」とう言葉の誕生で朝早くから活動することが、よりカジュアルで広く認知されましたね。

今では書店には朝活関連の書籍が並び、朝活用に特化した手帳も販売されています。

1日は誰にでも平等に24時間です。しかしながら「時間がない!時間がない!」と多くの人が嘆いています。

いつもより早く起きることにより、今までになかった時間を創り出し自分の好きなこと、したいことが出来るのが朝活です。

「時間がない!」と嘆いている人は、ぜひ早起きして朝活することを、おススメします。

朝活 おすすめのタスクは?

朝活は出勤前に一人で行うのも良し! 勉強会や交流会に参加して仲間と行うのも良し! 朝活の形は人それぞれです。

そこで、これまで私が実践してきた朝活のタスクで、おすすめを紹介します。

勉強(資格試験や受験勉強)

私が朝活を始めるきっかけになったのが、資格試験のための勉強です。

朝は脳内がリセットされ疲れていないので、ドンドン頭の中に入ってきます。

夜遅くまで勉強するよりは、早起きして勉強するほうが集中力も記憶力もUPします。

そう言えば、学生時代は深夜まで試験勉強をしていました。よく一夜漬けって言いますよね。

でも一夜漬けして、いい点数を獲れた記憶がありません。

夜は脳が疲れています。

いくら頑張って勉強しても脳内に蓄積される量には限界があるのでしょう。

もし夜はさっさと寝て朝早く起きて勉強していたら、成績もトップクラスだったかもしれませんね笑

読書

朝の読書は勉強と並んで朝活の代表的なタスクのひとつです。

早朝は静かで誰にも邪魔されず、落ち着いて読むことができます。

本の内容が記憶に残り、情報の整理をすることができます。

朝の読書でおススメなジャンルは、自分の仕事に関する本や自己啓発&ビジネス書です。

朝読んだ内容を日中にすぐに実践、検証ができるからです。

読書は読んで終わりではなく、インプット&アウトプットで自分に落とし込んでこそ身になるものです。

英会話&語学習得

朝活で英会話&語学習得といえば、今も昔も人気です。

ラジオ講座を聴いて勉強したり、ネット環境が整った現代は自宅にいながらオンラインで外国人講師から学ぶことも可能です。

さらには出勤前に英会話カフェや英会話教室の早朝授業も人気があり数多く開催されています。

朝活で自分磨きをしたいけど、何をすればいいのか分からない人は英会話に挑戦するのもおススメです。

副業(在宅ワーク)

今や副業を認めている企業が増えてきました。

日中は本業で時間が取れません。 夜は疲れと眠気で作業する気力がありません。

それなら朝の時間を副業にあてましょう。

 副業にもいろいろありますが、自宅でパソコン1台で出来る副業がおススメです。

・プログアフィリエイト
・転売
・YouTube
・動画編集etc.

副業にもいろいろありますが、自宅でパソコン1台で出来る副業がおススメです。

初期投資も少なく、パソコンがあれば誰でも始められます。 

ただ、すぐに簡単に稼げるわけではないので、収益化するまでには時間が必要です。

毎日コツコツ実践できる人には向いています。

座禅&瞑想

座禅や瞑想は、自分と向き合える時間です。

バタバタとせわしなく1日をスタートすると、心に余裕もなくなりイライラします。

 まずは、静かに心を整え1日をスタートしましょう。

同時に1日のスケジュールを頭の中で確認&整理したり、成功している姿をイメージするのも朝の時間には最適です。

掃除&整理整頓

朝の掃除と言っても、気合を入れて本格的にするのではなく10分ほどの片ずけや整理整頓です。 

これは、体を動かすことにより、体温が上がり脳が目覚めます。 

さらに朝の片づけは、心が整いスッキリした気分で1日がスタートできます。 

お寺の朝も、境内の掃き掃除やお堂の雑巾がけをしている光景をテレビで観たことがあります。

きっと、お坊さんも邪念を払い心を整えいるのかもしれませんね。

運動

朝活は勉強や座学だけではなく、運動もおススメです。

朝の適度な運動により汗をかくことは、脳を活性化させストレス解消にもなります。

また肥満予防や生活習慣病の予防にもなります。 

但し身体に強い負荷を与えず軽めな運動をすることがポイントです。

朝から激しい運動は疲労が溜まり、さらにはストレスが蓄積されてしまうので逆効果です。

ジョギング、ウオーキング、筋トレ&ストレッチなど自分に無理なく、楽しく続けられるものにしましょう。

朝活とは?おすすめのタスク のまとめ 

今回は”朝活”とは何か?さらにはおすすめの朝の活動について説明しました。

朝活は誰でも簡単に実行することができます。

いつもより、少しだけ早く起きて朝活を続ければ、確実に未来を変えることができます。

あなたも、朝活で「自分磨き」をしてみませんか?

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

目次
閉じる